MENU

甘酒は酒粕と米麹どっちがいい?ギフトを選ぶためのポイント3選

酒粕米麹どっちがいい

甘酒は古くから日本人に親しまれてきた伝統的な飲み物ですが、最近ではその健康効果や栄養価の高さから再び注目を集めています。

しかし、甘酒には「酒粕甘酒」と「米麹甘酒」の2種類があり、それぞれに特徴や利点が異なります。

この記事では、「甘酒 酒粕 米麹 どっちがいい?」という疑問に対し、様々な観点で違いを解説します。

さらに、甘酒の種類や特徴、甘酒ギフトを選ぶポイントについても詳しく紹介します。

甘酒選びで迷っている方や、健康的なギフトを探している方にとって、この記事が参考になれば幸いです。

目次

甘酒は酒粕と米麹どっちがいい?様々な観点で違いを解説

甘酒は酒粕と米麹どっちがいい?様々な観点で違いを解説

甘酒の種類は何がある?

甘酒には大きく分けて2種類あります。それは「米麹甘酒」と「酒粕甘酒」です。どちらも昔から親しまれている飲み物ですが、その作り方や特徴には違いがあります。

まず、「酒粕甘酒」は日本酒を作る過程で出る酒粕を使って作られる甘酒です。

酒粕を水で溶かし、砂糖で甘みをつけることが一般的です。酒粕甘酒は少量ですがアルコールを含むため、飲む際には注意が必要です。このタイプの甘酒は、コクのある味わいが特徴で、寒い季節に温めて飲むと体が温まるので人気です。

一方、「米麹甘酒」は米麹と水、もしくは米と米麹を発酵させて作られる甘酒です。

発酵によって米のでんぷんがブドウ糖に変わり、自然な甘みが出るのが特徴です。この甘みは砂糖を使っていないためヘルシーです。

また、アルコールを含まないため、子どもや妊婦の方でも安心して飲むことができます。

そして米麹甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価が高いことでも知られています。

酒粕甘酒の特徴

酒粕甘酒は、日本酒を作る過程でできる酒粕を主材料としており、酒粕の風味が特徴です。微量のアルコールを含み、特に寒い季節に温めて飲むと体が温まります。

また、コクと濃厚な味わいがあり、砂糖を加えることでさらに甘みが引き立ちます。甘いものが好きな方や、しっかりとした味わいを求める方に最適です。

栄養面では、タンパク質やビタミンB群、食物繊維が豊富に含まれており、疲労回復や美肌効果、冷え性改善に役立ちます。

ただし、アルコールが微量含まれるため、子どもやアルコールに敏感な方は摂取量に注意が必要です。また、砂糖を加えることでカロリーが高くなるため、ダイエット中の方は控えめにすることをおすすめします。

米麹甘酒の特徴

米麹甘酒は、米麹と水、もしくは米と米麹を発酵させて作られる甘酒です。そのため、自然な甘みがあり、砂糖を使わずに甘さを楽しむことができます。米麹が発酵する過程で米のでんぷんがブドウ糖に変わることで、甘みが引き出されるのが特徴です。

米麹甘酒の最大の特徴はアルコールを含まないことです。これは、子どもから妊婦の方まで幅広い年齢層の方々に安心して飲んでもらえるポイントです。また、古くから「飲む点滴」として親しまれてきたように、栄養価が非常に高いです。ビタミンB群やアミノ酸、ブドウ糖が豊富に含まれており、疲労回復や美肌効果、腸内環境の改善に役立ちます。

さらに、米麹甘酒はそのまま飲むだけでなく、料理やスイーツの材料としても活用できます。例えば、スムージーに加えたり、煮込み料理の甘味料として使ったりすることで、栄養を手軽に取り入れることができます。温めても冷やしても美味しく飲めるので、季節を問わず楽しめるのも魅力です。

酒粕甘酒と米麹甘酒の価格の違い

酒粕甘酒と米麹甘酒には価格の違いがあります。この違いは主に原材料と製造過程によるものです。

まず、酒粕甘酒は日本酒を作る過程で生まれる酒粕を原料としています。酒粕は日本酒を絞った後に残る副産物であり、比較的手に入りやすくコストが低いです。そのため、酒粕甘酒は市場で安価に販売されていることが多く、200mlの酒粕甘酒が100円から150円程度で販売されていることが一般的です。

一方、米麹甘酒は米と米麹を発酵させて作られます。米麹を作るには時間と手間がかかり、また品質の高い米を使用することが多いため、原材料費が高くなります。このため、米麹甘酒の価格は酒粕甘酒よりも高めです。通常、200mlの米麹甘酒は150円から300円程度で販売されています。

さらに、米麹甘酒は無添加で作られていることが多く、健康志向の高まりに伴い人気が出ています。そのため、オーガニックや特別な製法で作られた米麹甘酒は、さらに高い価格帯で販売されることもあります。

甘酒は酒粕と米麹どっちがいい?甘酒ギフトを選ぶポイント

甘酒は酒粕と米麹どっちがいい?甘酒ギフトを選ぶポイント

甘酒ギフトを選ぶための3つのポイント

甘酒ギフトを選ぶ際には、以下の3つのポイントを押さえておくと良いでしょう。

1. 相手の好みに合った種類を選ぶ

甘酒には米麹甘酒と酒粕甘酒の2種類がありますが、アルコールを含まない、栄養価が高い、高級感があるという観点からギフトとして甘酒を選ぶ場合は、米麹甘酒が最適でしょう。

2. 高級感のあるパッケージを選ぶ

ギフトとして贈る場合、パッケージデザインも重要です。高級感のあるデザインや、季節感を演出したものなど、見た目にもこだわりましょう。特に特別な日の贈り物には、包装がしっかりしているものを選ぶことで、相手により一層喜ばれるでしょう。

3. 栄養価や健康効果が高いものを選ぶ

甘酒は栄養価が高く、健康効果が期待できる飲み物です。ギフトを選ぶ際には、その栄養価や健康効果をしっかりとアピールできる商品を選ぶと良いでしょう。例えば、オーガニックの米麹甘酒や、特別な製法で作られたものなど、健康志向の方に喜ばれる商品を選ぶと良いです。

父の日ギフトに最適な甘酒ギフト3選

父の日には特別な甘酒ギフトを贈りたいものです。ここでは、前述した選ぶための3つのポイントを踏まえて、父の日ギフトに最適な甘酒ギフトを3つ紹介します。

1. KOJI DRINK A 720ml 2本セット

「KOJI DRINK A 720ml 2本セット」は、無添加・ノンアルコールの米麹甘酒で、厳選された国産米と米麹を使用して作られています。レジスタントプロテインが市販の甘酒の約6倍も含まれており、健康増進や腸内環境の改善に寄与します。この甘酒は滑らかな口当たりと上品な甘みが特徴で、さらに、専用のブラックボックスに梱包されており、高級感のあるギフトとしても人気です。


2. にじいろ甘酒 5色 ギフトセット

「にじいろ甘酒 5色 ギフトセット」は、福岡県産の素材を使用し、無添加で作られた甘酒のセットです。このギフトセットには、以下の5種類の甘酒が含まれています

  • 博多あまおう
  • 米糀
  • 八女抹茶
  • 黒米
  • 発芽玄米

各種はそれぞれ独自の風味と色を持ち、見た目も楽しめます。砂糖不使用で、ノンアルコールなので、健康志向の方にもおすすめです。


3. 岩手の酒蔵あさ開 ノンアルコール米麹の甘酒300g×5本セット

「岩手の酒蔵あさ開 ノンアルコール米麹の甘酒300g×5本セット」は、岩手の酒蔵あさ開が製造する米麹で手造りされた甘酒です。保存料や香料などの添加物は一切使用せず、昔ながらの製法で手作りされています。レビューも高評価が多く大変人気の商品です。


甘酒は酒粕と米麹どっちがいい?ギフトを選ぶためのポイント3選まとめ

いかがだったでしょうか?

最後にこの記事のポイントをまとめておきます。

  • 甘酒には酒粕甘酒と米麹甘酒の2種類がある
  • 酒粕甘酒は日本酒を作る過程で出る酒粕し、微量のアルコールを含む
  • 米麹甘酒は米麹と水、または米と米麹を発酵させて作り、ノンアルコール
  • 酒粕甘酒は寒い季節に温めて飲むのが人気で甘みを砂糖で調整する場合が多い
  • 米麹甘酒は「飲む点滴」として栄養価が高く砂糖を使わない
  • 価格は米麹の方が効果
  • 甘酒ギフトを選ぶポイントは「相手の好みに合った種類を選ぶ」、「高級感のあるパッケージを選ぶ」、「栄養価や健康効果が高いものを選ぶ」

大切な人に、思いのこもった甘酒ギフトを送り日頃の感謝を伝えましょう。

酒粕米麹どっちがいい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次